Category: 顎ニキビの治し方

気になる顎ニキビ、自分で治すためにできることとは?

やっかいなあごニキビ、自分で治したい!

大人ニキビの中でも、治りにくく何度も繰り返してしまう顎のニキビ。
そんなやっかいなあごニキビですが、なんとか自分で治したいですよね。
今回は、あごニキビの治療や、予防のために今からできるセルフケアをご紹介します。

皮膚科へ行く前に!あごニキビケアのために自分でできること

鼻やおでこにできるニキビと同じように、あごニキビもホルモンバランスの乱れが原因でおきてしまいます。
なので、ホルモンバランスを正常に整えることが治療の第一歩となるのです。

睡眠は足りていますか?暴飲暴食してませんか?ストレスをため込んではいませんか?
ストレスをうまく発散し、充分な睡眠とバランスのよい食事をとるように心がけるだけでも、充分にニキビケアすることができます。

また、日々のスキンケアの見直しをしてみましょう。
クレンジングや洗顔はいき届いていますか?洗顔後のすすぎは十分にできていますか?
クレンジングや洗顔後のすすぎが十分でないと、毛穴が詰まり、ニキビを引き起こしてしまいます。

そして、ニキビができてしまった場合、毛穴の汚れをしっかり落とすことも大切ですが、ニキビのある部分を刺激しないようにないようにやさしく洗うことも同じくらい大切です。
洗顔後は刺激の少ない化粧水や乳液でしっかりと水分を補いましょう。
お肌の乾燥を防ぎ、保湿するだけでもニキビを十分に予防することができます。

顎ニキビをきれいに治そう!皮膚科でのニキビ治療とは?

気になるあごニキビ、みんなはどうしてるの?

一度できると治りにくく、治ってもすぐに繰り返してしまうやっかいな大人ニキビといえば、顎にできるニキビですよね。
皆さんはあごニキビができたとき、どのように対処していますか?
何もしないで放っておいたりドラッグストアなどで売っている化粧品を使ってセルフケアしている人がほとんどなのではないでしょうか。

しかし、ニキビは、放っておいたり、間違ったセルフケアをしてしまうことで進行し、跡を残してしまう恐れもあります。
跡を残さず、きれいにニキビを治すためにも、皮膚科などのクリニックでの治療がとてもおすすめです。

ニキビはきれいに治そう!皮膚科でのニキビ治療とは?

皮膚科でのニキビ治療は、ニキビの種類と重症度から、「塗り薬」、「飲み薬」、「理学療法」などさまざまな方法で行います。
具体的にいうと毛穴のつまりを解消してくれるレチノイド製剤を塗ったり、専門の器具を使ってニキビの芯を取り除いたり、古い角質をはがし、ターンオーバーを促すケミカルピーリングをしたり、ニキビの原因菌を殺菌する抗真菌剤を飲んだりします。

ニキビを皮膚科で治療する際には、その治療法が保険適用かどうかを確かめておきましょう。
先ほどあげた中では、ケミカルピーリング以外の治療はすべて保険適用です。
保険適用外の治療は全額負担で高額になりますが、保険が適用されると治療費の負担は3割になるので、リーズナブルにニキビを治療できますよ。

治らない顎ニキビにいい効果的な方法とは?

春といえば学生ですと入学が卒業シーズンですよね。社会人は異動や転勤など環境の変化がある季節ですね。
そんな時に気がつくとできているのがニキビ。
新しいことを始めるシーズンだけにお肌の状態は清潔に保っておきたいもの。

しかしそんな時に、ニキビがあると気になってしまいますよね。
今回はそんなニキビのなかでも特に目立ってしまう「顎ニキビ」の効果的な治し方をご紹介していきます。
それでは、ニキビの種類や原因から順を追ってみていきましょう。

顎にできるニキビの種類

顎にできるニキビは目立ってしまい早く治したいものですよね。ニキビには発生から悪化するまで段階があります。それぞれによって、名前がつけられていますので、みていきましょう。まずは、発生段階の「角栓発生」です。これは毛穴に角栓が詰まったものでニキビのもとになります。そしてそこに皮脂がたまり始めたものが、「白ニキビ」です。そこから皮脂が酸化することによって、「黒ニキビ」といわれるものになります。ニキビの中でも黒ずんでいるものは、皮脂が酸化しているからなんですね。そして、炎症を起こした状態が「赤ニキビ」といわれるもの。炎症を起こすと患部に、体の防衛機能が働き白血球がおくられます。そして、役割を終えた白血球が膿となり「黄色ニキビ」になります。炎症が悪化すると一番タチの悪い「紫ニキビ」になります。このように、段階によりニキビはさまざまなものがあるんですね。

しこりになってしまう原因は?

これは、刺激を与えすぎたり、ニキビが同じ箇所に繰り返しできてしまうことにあるようです。真皮や皮下組織にまで繰り返しダメージを受けた肌は再生するまでには時間がかかるようです。ニキビによってダメージを受けた肌を再生しようとして、体のシステムは機能するようなのですが、乱れた再生機能がコラーゲンの元になる細胞などを不自然に過剰に生成してしまうようで、それがしこりになってしまいます。一度できたニキビは早いうちに対処するのが賢明といえそうです。注意しなくてはならないのは、顎はしこりになるニキビが出来やすいということです。それでは次では効果的な治し方をみていきましょう。

顎ニキビの効果的な治し方

上で紹介した通り、ニキビには種類があります。程度によっても適切な治療法が変わってくるようですね。自分のニキビに合った治療を心がけるようにしましょう。以下にお薬を使った治療と、使わない治療法をまとめてみました。

市販薬を使った治療

テレビコマーシャルでもおなじみのニキビ治療用の市販薬。市販薬では「スイッチOTC」と言われるものがオススメです。どういったものかというと、スイッチOCTとは「以前は病院で処方してた薬が、市販薬に切り替えられた物」をさします。ニキビ薬もスイッチOCTを指標にすればより効果の高いものを選ぶことができるでしょう。

処方薬での治療

処方薬とは病院で処方してもらえるものです。診断ものと処方してもらえるので薬の知識がなくても安心です。

外用薬に頼らない治療法

「ホルモン治療」や「ピーリング」など薬に頼らない治療法もあります。こちらは美容外科や皮膚科などで受けられるようです。

顎ニキビの治療法や原因についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。こうしてみると、小さいニキビだからといって放っておくのも考えものです。緊急の場合は医療機関の受診も検討されてみるのもいいかもしれません。

顎ニキビのひどい男性にお勧めしたい2つの直しかた

シェービングによるダメージ

男性の場合、女性と大きく異なるのが毎日のシェービングという作業です。
シェービングは実はひげだけでなく力を入れすぎると顎の薄皮までを剃ってしまう危険性があります。
そのために、シェービンは自分の肌にあったものを使うというのが基本となります。

スキンケアが重要!

男性の中でも、おでこや鼻の下にはあまりニキビがないという人もいます。
それは、シェービングをする回数が顎に比べて少ないからという理由もあります。
シェービングの後は必ずお肌の保湿クリームを塗ってスキンケアをする方法をとりましょう。

ストレス管理

また、男性は仕事をしていると何かしらのストレスにさいなまれています。
そのようなストレスは肌荒れや胃の粘膜が荒れることにもつながります。
ストレスによりホルモンバランスも乱れやすくなります。

お肌を清潔に守るということも大事です。
しかし、ストレスに対して強い耐性を持つというこtも顎ニキビを治すことに重要です。
シェービングとストレスを意識して次の2つのケアをしていきましょう。

男性向け、顎ニキビが酷い場合の治し方は?

顎のニキビがひどい方にオススメの方法は、フェイスクリームです。
お肌の保湿を保つということが肌を休めるということにつながります。
男性の場合、日中は外出しておろい紫外線を多く浴びています。

たくさんの紫外線は肌の表面をだけでなく内側まで傷つけています。
そのため、たっぷりの紫外線を浴びた後はお肌のクールダウンを行います。
そこで大事なのはコラーゲン入りスキンケアジェル商品です。

女性の方は毎日スキンケアとしてヒアルロン酸やローズヒップオイルなどでケアをしています。
男性用化粧水も登場している今、お肌のケアには男性も敏感になる必要があります。
顎のニキビが酷い場合の治し方はまずは化粧水を使用することです。

次に、ストレス耐性ですがこちらは規則正しい生活を送るということです。
正しい時間に寝ることが重要となります。
正しい時間とは主に22時から2時までの4時間のことを指しています。

この4時間は、ゴールデンタイムとも呼ばれております。
ホルモンバランスを安定するために必要な成分が脳から体内い分泌されてい最も盛んな時間帯です。
この4時間を意識して睡眠をとることで体の中で十分な変化が見られることでしょう。

頑固なしこりのある顎ニキビはどうしたらいい?

ニキビができると嫌な気持ちになりますが、その中でも特に嫌な気持ちになってしまうのが大きな顎ニキビではないでしょうか。
その存在感と隠せないもどかしさ、そして大きなニキビはしこりがあり痛みを伴うことが多くあります。
よって治るまでにも時間がかかってしまうし、どのような処置をして良いのかわからないという悩みが出てきます。

そんな頑固な顎ニキビの治し方についてご紹介します。

しこりのある顎ニキビの種類

しこりのあるニキビには実は二つのパターンがあります。
一つ目は毛穴がつまって炎症を起こし赤くなるタイプのニキビでその状態が悪化することによって白い膿が溜まってしまう状態です。
二つ目は表面上はあまりニキビとして目立ってはいないけれど毛穴の奥の部分が炎症を起こし、しこりという芯を残しているニキビです。

前者はしこりがあるとはいっても表面に近いため薬の効き目も早く回復が期待できるニキビです。
注意が必要なのは後者です。

しこりができてしまった場合の治し方は?

頑固なしこりの出来てしまったニキビは触れると痛みもあるため早く治したいと考えますが、炎症が深いところで起こっているため表面に薬を塗っても効果が薄くなりがちです。
何とか膿の部分を潰して治そうと考える人もいるかもしれませんが、余計にニキビが悪化する恐れもありお勧めできません。
ニキビ用の低刺激な洗顔料を使用して時間と共にニキビが治っていくのを待つほかありません。

皮膚科での治療は痛い?痛くない?

酷いニキビができてしまった場合に自分でのケアで完治するまで待つのは辛いと感じることがあります。
そんな時には皮膚科で治療してもらうと良いでしょう。
ニキビにも様々なタイプがあり、自分自身で感じていたものと違う見解をされることも中にはあるでしょうから正確な診断、治療法を見出してもらうことでニキビの早期改善につながることがあります。

皮膚科での主な治療は塗り薬やレーザー治療、ケミカルピーリングがあります。
どの治療も痛みを感じることはほとんどありませんがどれも肌を活性化させニキビの改善に近づけるという方法です。
しこりができたニキビを切開して芯の部分を取り除くという治療もありますが跡が残ってしまうというデメリットに多少の痛みを伴う恐れがあるので治療法の選択をするときは良く医師と相談しましょう。

また健康的な食生活はニキビの発生を抑える働きがあります。
ニキビのできにくい食生活、生活習慣を心掛けることも大切です。

即効性のある顎ニキビの治し方!&顎ニキビに効く食べ物って?

顎にポツンとできた顎ニキビ…。
どうしても気になって、すぐに治したいのが女心というもの。
今回は即効性のある顎ニキビの治し方と、効果的な食べ物をご紹介します。

顎ニキビってどうして出来るの?

顎に雑菌が繁殖しやすいから

顎は、意外と皮脂腺が多く、ニキビが出来やすい場所です。
また、顎ニキビができるとどうしても手で触ってしまいがち。
そのせいで、雑菌が繁殖してしまい、ニキビが悪化しやすいのです。

ホルモンバランスの乱れ

顎ニキビができる原因としては、ホルモンバランスの乱れも考えられます。
ホルモンバランスが乱れると、ニキビなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

ホルモンバランスは、ストレスや、生活習慣の乱れなどが原因となって崩れることが多いです。

顎ニキビに効く食べ物

納豆

納豆の原材料である大豆には、イソフラボンが多く含まれています。
イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため、乱れたホルモンバランスを整えるのに有効です。

納豆には食物繊維も豊富に含まれているので、ニキビの原因にもなる便秘の解消にも役立ちます。

ウナギ

ウナギには、肌を健康に保つのには欠かせないビタミンAが多く含まれています。
ビタミンAには、粘膜を強くし、雑菌が繁殖するのを抑える働きがあります。

ただし、ビタミンAを過剰に摂取すると肝臓に悪影響を及ぼすことがあるので、摂取する量には気を付けてください。

即効性のある治し方は?

皮膚科で薬を処方してもらう

市販薬も売られていますが、顎ニキビを早く治したいときは皮膚科で薬を処方してもらうのが一番です。
皮膚科では、塗り薬の「ディフェリンゲル」や飲み薬の「ブルフェン」など、様々な薬を処方してもらえます。

夜の10時までには寝る

夜更かしは、ホルモンバランスが乱れる一番の原因です。
特に夜の10時から2時は「肌のゴールデンタイム」と呼ばれており、この時間帯に眠るようにすると顎ニキビも翌朝に治りやすくなります。
もちろん、眠る前にはしっかりとしたお肌の手入れを忘れずに。

即効性のある顎ニキビの治し方と、顎ニキビに効く食べ物についてご紹介しました。
適切なケアで、気になる顎ニキビを治していきましょう。

顎やフェイスラインにできるニキビの原因と治し方

a1

こんな場所にもニキビができる!

おでこや頬だけじゃなく、フェイスラインやこめかみにもできるニキビ。
見える部分だけ気を付けていたのではダメ!
いつも同じ方向から鏡で見ていた人は、一度鏡をかたむけて色々な方向から見てみましょう。
意外な場所にニキビがあって驚くかもしれません。

あごやフェイスラインにできるニキビの原因ってなに?

顔の洗い方

まず考えられるのは、洗顔の仕方です。
毎日の洗顔はどうしていますか?適当にバシャバシャ洗っていませんか?
それがあごやフェイスラインにできるニキビの原因なのです。
すみずみまで丁寧に洗わないと、あごやフェイスラインは汚れや泡が残りがち。
そこからニキビができていくのですね。

顔周りの髪の毛

他にも髪型が原因の場合があります。
髪がいつもフェイスラインにかかっていませんか?
実はその髪から雑菌がうつるのです。
髪型を変えてニキビがおさまる様だったら、髪の毛が原因の可能性が大きいですね。

手で触る

頬杖をつくクセもNG。髪と同じで、手でいつも触るのはお肌に良くありません。
頬やおでこに比べれば、ついつい触ってしまいがちな場所。
知らず知らずのうちにあごやフェイスラインを清潔に保てていないことが、ニキビのできる原因になるのですね。
日頃のクセを見直してみるのも意外な発見があるのかも!?

どんな治し方があるの?

触らない!

できてしまったニキビは手で触らないこと。
ニキビは気になるものですが、ニキビを触ると悪化する原因になります。
できるだけ触らないのも早く治る近道です。
触るのはスキンケアの時だけにしましょう。

スキンケアの見直し

普段使うスキンケアを見直してみるのも良いかもしれません。
ニキビ肌用に変えてみるとか、自然由来のお肌に優しいものを選ぶのも良いですね。
毎日使うものだから、特に気を付けたいものです。
今は情報がたくさんあるので、本や雑誌、インターネットなどで情報を探して、自分の肌にぴったりのものを選びましょう。
メイクも控えめに、すぐ落とせる様にした方が肌には負担がかかりません。
スキンケアをする際には丁寧に優しく、洗顔の時と同じように顔のすみずみまで気を配って行いましょう。

体の中からキレイに

サプリメントを取り入れるのも方法の一つ。
ビタミンCがおすすめです。体の中から治していきましょう。
食生活を見直すことも大事です。
ジャンクフードを食べない、脂っこいもの甘いものを控えるなどの食生活に変えていきましょう。
おやつを少し我慢してみるのも良いですね。
ニキビは肌に負担がかかっているというサイン。とにかく外から中から肌を休ませてあげましょう。

それでもダメなら…?

ひどくなった時には皮膚科にかかり、お医者さんにみてもらいましょう。
上手に薬を使って治すことも大事です。
口コミなどで、よく話を聞いてくれるお医者さんを探してみると良いですね。
不安に思っていることを聞いてみましょう。
まずは薬局で手軽に買える薬で様子を見てみるのも良いですね。
その場合は薬剤師さんに相談してみて下さい。

予防が大事、あごニキビ対策は?

肌への接し方を大切に

日々の洗顔を大切にすることからはじめましょう。
適当に洗うことをやめ、ゆっくりと丁寧に顔のすみずみまで洗う。
これが重要ですね。
顔を丁寧に洗い、スキンケアも時間をかけてゆっくり行う、自分の大切な肌ですから、手をかけてあげましょう。肌もそれにこたえてくれます。
少しの手間が、大きな効果となるのです。

生活をゆったり

忙しい日々の中にゆったりとした時間を作ることは、肌以外にも良い効果が得られます。
ストレスも肌には大敵ですから、リラックス時間を積極的につくることは大切ですね。
そしてできることなら自分で料理をし、栄養をとることも心掛けましょう。
ビタミンCはサプリメントだけではなく、野菜や果物からもとることができます。
旬の野菜や果物を取り入れることは、お肌だけでなく体の調子も整えます。
体の調子が肌にあらわれるともいいますから、栄養に気を配ることはとても大切です。
この様に心と体にゆとりを持って日々を過ごすことが、あごニキビ防止、そして美肌につながります。
忙しい日々の中でふと立ち止まって、自分の肌、自分の生活を見直してみませんか?
ニキビ跡を治してスッピン肌に自信!ニキビ跡Navi

こまめにチェック

あごニキビはついつい見落としがちな場所。
だから知らない間にできていて、気付いたら悪化していたなんてことも…。
それを予防するには普段からこまめにチェックをしておきましょう。
あご、首、髪の生え際など、きちんとチェックして清潔に保ちましょう。
髪の毛が顔にかかっていないか気を付けることも大事です。
フェイスラインはすっきり出しましょう。
手や髪などとにかく雑菌のつきそうなものからは遠ざけて下さい。
自分では見えないところでも、他人からは見えるもの。
どこから見られても肌がきれい、を心掛けたいです。

http://xn--nckzcza7611aj56csha.biz/