Category: 顎ニキビの原因

治らない!繰り返す!やっかいな顎ニキビの原因とは?

ブツブツ繰り返す大人ニキビ「あごニキビ」とは

意外かもしれませんが、顎はTゾーンや鼻と並んでニキビのできやすい部分です
顎は汗をあまりかかない部位ですが、皮脂腺の分布が多く皮脂が詰まりやすい部位です。
また乾燥しやすい部分でもあるので、ニキビがすぐにできてしまうのです。

さらに、あごニキビは毛先や手で触るなどして雑菌がつきやすく、一度ニキビができてしまうとなかなか治りません。
また、あごニキビは治ったとしても跡になってしまったり、同じところに繰り返し起きてしまったりもしやすいです。

気になるあごニキビ、どうしておこる?

ではこのようなあごニキビの原因はいったい何なのでしょうか。
主な原因としてはホルモンバランスの乱れと、スキンケア不足が挙げられます。

女性は、性周期によってホルモンバランスが変化します。
そして、それにあわせて肌のコンディションも変化してしまうのです。

さらにストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れや生活環境の変化にもホルモンバランスは左右されます。
ストレスに囲まれた不規則な生活はホルモンバランスを崩し、ニキビを作りやすくしてしまうのです。

また、日々のスキンケアにおいて、顎やフェイスラインの辺りはケアが行き届いていない場合も多いです。
洗顔料のすすぎ残しや、保湿化粧品のつけ忘れなど、ちょっとしたことがニキビの原因になりますので、心当たりのある方は気をつけたほうがよいでしょう。

顎ニキビがかゆい原因は?

顎ニキビがかゆい

顎ニキビが痒くなってたという経験をしたことのある人も多いと思います。
なぜそもそもニキビが痒くなってしまうのかというメカニズムを理解しておく必要があります。
ニキビができる要因であるお肌の刺激とも大きく関係している事項です。

原因は?

顎ニキビが痒くなるという原因の1つは乾燥だと言われています。
お肌が乾燥すると紫外線による刺激から肌を守る保水力が足りなくなります。
かといって保湿クリームを沢山塗っているとそもそも人間に備わっている保湿力そのものを低下することにもつながります。

保湿力の高いクリームを塗ることも良いのですが、乾燥しているからといって過度に塗ることはいけません。
しっかりと検査をした上で販売されていると日本の医薬品。
正しい容量と用法を守ることでお肌の乾燥を抑えることにつながり、やがてかゆみの抑制にもつながります。

お肌は、紫外線を外で浴びたり手でニキビを触れることで別の新しい菌が傷口から侵入することがあります。
菌が侵入すると膿を作ったり肌をさらに刺激することもあります。
清潔にすることも大事なかゆみ予防ともなります。

しかし、傷口に侵入しているという時点で、気をつけなければいけない石鹸があります。
それは、低刺激の石鹸を選ぶということになります。
もちろん殺菌力の高い石鹸はもともと細菌倒すためには必要ですが、お肌がかゆい人はまた別の用途の石鹸を使う必要があります。

ニキビケア用品

そこで大事なのは、ニキビケア用品です。
こちらは顎ニキビも含めて、ニキビにおるトラブルを抱える人に対して造られた商品です。
アクネ菌などもニキビにかゆみを与える菌の1つですし手のひらに付着している細菌もかゆみの要因となります。

また、お風呂に入ると自然と血管が広がるため、かゆみが増すということもあります。
そのため、自分の身の回りにニキビケア商品がないという場合においては、冷却することでかゆみが治まるということが言えます。
患部を冷却することで、毛穴が閉じられますので、かゆみが抑えられるという仕組みです。

ニキビには細菌が多く含まれいてるので、冷却する。
もしくは、ニキビケア商品でケアをするということが大事です。
市販の石けんでゴシゴシ洗うと飛鳥な皮脂まで落としてしまうので、注意が必要です。

顎ニキビの原因はこれだ

“ニキビが出来てしまって嫌な場所はやはり見える場所ですよね。例えば顎ニキビなんかは
どれぐらい大きくなっているのか?等が人の目から見て解りやすいだけに視線が気になるという事があると思います。

女性と男性の顎ニキビは別物?

ニキビは、男性女性の性別関係なくできてしまうものです。基本的には肌であればどこにでもできる可能性はあります。今回テーマに取り上げている顎ニキビは実は男性と女性で原因は別物なんです。

男性の場合は毎日髭を剃る必要があります。気をどれだけ使っても髭剃りの刃と素肌がこすれ合うため、どうしても摩擦が起きてしまい顎ニキビが出来やすいのです。そのため男性の場合はある程度は仕方がないという事になります。

また、男性の場合顎ニキビを繰り返し得しまう場合には、胃腸の調子が悪いという事もあるかもしれません。便秘状態などにいると便が腸に留まってしまいそれが原因で顎ニキビに発展してしまいます。

女性の場合の顎ニキビについては、ホルモンバランスの問題もありますが、その他ではフェイシャルスキンケアを入念に行っている女性の方は多いようですが、色々な情報を取り入れすぎて誤った方法でスキンケアを行っているため顎ニキビを誘発しているケースもあります。

その際には間違ったスキンケアを辞めて、正しいスキンケアの方法を学びましょう。そして肌を出来るだけ守って行くように心がけてください。

ストレスで出来てしまうことも

ストレスという言葉で、なんでも片づけてしまってはいけないのかもしれませんが、やはりホルモンバランスや昼夜逆転生活などの不規則な生活をしていると顎ニキビが出来てしまいます。

最近生活の中でストレスを感じているななどと感じたのなら、ストレスを吐き出す方法を
見つけ出しておく方が良いです。お金を掛ける方法ではなくてもヒーリングミュージックを聞く事や、軽くウォーキングする感じでもいいです。心地いい汗を掻いたなそう感じる程度の運動を適度に繰り返し、ストレスコントロールを行ってください。

思春期にできやすい顎ニキビ

思春期は、体の成長期とぶつかり体の中で色々なものが大人に向けて変わり始めているのです。例えば声が変わる変声期、体つきの変化などが代表的です。それに伴い新陳代謝も激しくなりますのでニキビも出来やすくなります。

特に人に見られたくない顎ニキビも出来やすい状況にあります。それはホルモンの働きが活発となり、女性の場合は生理前など顎ニキビに悩まされるケースもあります。その原因はスキンケアが正しくできていないケースがありますし、また間違った方法で行っているケースもあるためです。

顎やフェイスラインにできるニキビの原因と治し方

a1

こんな場所にもニキビができる!

おでこや頬だけじゃなく、フェイスラインやこめかみにもできるニキビ。
見える部分だけ気を付けていたのではダメ!
いつも同じ方向から鏡で見ていた人は、一度鏡をかたむけて色々な方向から見てみましょう。
意外な場所にニキビがあって驚くかもしれません。

あごやフェイスラインにできるニキビの原因ってなに?

顔の洗い方

まず考えられるのは、洗顔の仕方です。
毎日の洗顔はどうしていますか?適当にバシャバシャ洗っていませんか?
それがあごやフェイスラインにできるニキビの原因なのです。
すみずみまで丁寧に洗わないと、あごやフェイスラインは汚れや泡が残りがち。
そこからニキビができていくのですね。

顔周りの髪の毛

他にも髪型が原因の場合があります。
髪がいつもフェイスラインにかかっていませんか?
実はその髪から雑菌がうつるのです。
髪型を変えてニキビがおさまる様だったら、髪の毛が原因の可能性が大きいですね。

手で触る

頬杖をつくクセもNG。髪と同じで、手でいつも触るのはお肌に良くありません。
頬やおでこに比べれば、ついつい触ってしまいがちな場所。
知らず知らずのうちにあごやフェイスラインを清潔に保てていないことが、ニキビのできる原因になるのですね。
日頃のクセを見直してみるのも意外な発見があるのかも!?

どんな治し方があるの?

触らない!

できてしまったニキビは手で触らないこと。
ニキビは気になるものですが、ニキビを触ると悪化する原因になります。
できるだけ触らないのも早く治る近道です。
触るのはスキンケアの時だけにしましょう。

スキンケアの見直し

普段使うスキンケアを見直してみるのも良いかもしれません。
ニキビ肌用に変えてみるとか、自然由来のお肌に優しいものを選ぶのも良いですね。
毎日使うものだから、特に気を付けたいものです。
今は情報がたくさんあるので、本や雑誌、インターネットなどで情報を探して、自分の肌にぴったりのものを選びましょう。
メイクも控えめに、すぐ落とせる様にした方が肌には負担がかかりません。
スキンケアをする際には丁寧に優しく、洗顔の時と同じように顔のすみずみまで気を配って行いましょう。

体の中からキレイに

サプリメントを取り入れるのも方法の一つ。
ビタミンCがおすすめです。体の中から治していきましょう。
食生活を見直すことも大事です。
ジャンクフードを食べない、脂っこいもの甘いものを控えるなどの食生活に変えていきましょう。
おやつを少し我慢してみるのも良いですね。
ニキビは肌に負担がかかっているというサイン。とにかく外から中から肌を休ませてあげましょう。

それでもダメなら…?

ひどくなった時には皮膚科にかかり、お医者さんにみてもらいましょう。
上手に薬を使って治すことも大事です。
口コミなどで、よく話を聞いてくれるお医者さんを探してみると良いですね。
不安に思っていることを聞いてみましょう。
まずは薬局で手軽に買える薬で様子を見てみるのも良いですね。
その場合は薬剤師さんに相談してみて下さい。

予防が大事、あごニキビ対策は?

肌への接し方を大切に

日々の洗顔を大切にすることからはじめましょう。
適当に洗うことをやめ、ゆっくりと丁寧に顔のすみずみまで洗う。
これが重要ですね。
顔を丁寧に洗い、スキンケアも時間をかけてゆっくり行う、自分の大切な肌ですから、手をかけてあげましょう。肌もそれにこたえてくれます。
少しの手間が、大きな効果となるのです。

生活をゆったり

忙しい日々の中にゆったりとした時間を作ることは、肌以外にも良い効果が得られます。
ストレスも肌には大敵ですから、リラックス時間を積極的につくることは大切ですね。
そしてできることなら自分で料理をし、栄養をとることも心掛けましょう。
ビタミンCはサプリメントだけではなく、野菜や果物からもとることができます。
旬の野菜や果物を取り入れることは、お肌だけでなく体の調子も整えます。
体の調子が肌にあらわれるともいいますから、栄養に気を配ることはとても大切です。
この様に心と体にゆとりを持って日々を過ごすことが、あごニキビ防止、そして美肌につながります。
忙しい日々の中でふと立ち止まって、自分の肌、自分の生活を見直してみませんか?
ニキビ跡を治してスッピン肌に自信!ニキビ跡Navi

こまめにチェック

あごニキビはついつい見落としがちな場所。
だから知らない間にできていて、気付いたら悪化していたなんてことも…。
それを予防するには普段からこまめにチェックをしておきましょう。
あご、首、髪の生え際など、きちんとチェックして清潔に保ちましょう。
髪の毛が顔にかかっていないか気を付けることも大事です。
フェイスラインはすっきり出しましょう。
手や髪などとにかく雑菌のつきそうなものからは遠ざけて下さい。
自分では見えないところでも、他人からは見えるもの。
どこから見られても肌がきれい、を心掛けたいです。

http://xn--nckzcza7611aj56csha.biz/