治らない大きい顎ニキビ!原因は?対処法は?食べ物は?

顎ニキビだけが大きいし痛いというご経験はありませんか?
にきびそのもののは痛みがあるものないものがありますが、あごやおでこにできるものは妙に痛みを強く感じる方も多いです。

ニキビが大きくなったり痛いということは、重症化していると思ってよいでしょう。
ということは、あごやおでこはすぐに悪くなりやすいということがいえます。

顎ニキビが重症化してしまう理由として
・皮膚が固い(厚い)
・皮脂排出がしにくい=芯ができやすい
・手で触る
・口の周りで汚れやすい、話すことで筋肉の刺激を受ける
・男性の場合髭剃りでひっかく
・毛穴が深い
など様々な要因があり、できたニキビが治らない、治ってもすぐできるを繰り返すことが多いです。

また、顎ニキビは大人ニキビとも言い、ホルモンバランスの乱れで男性ホルモンが優位にたつとできてしまいます。
原因がホルモンバランスの乱れなのです。

特に生理前のホルモンの関係で、必ず男性ホルモンが分泌されるのです。
生理前になると必ずニキビができるという方は、このようなことが関係しています。
白ニキビで終わればいいのに、腫れたり、炎症や膿が出る赤ニキビに発展しやすいので、本当に厄介です。

顎ニキビには、
・殺菌作用のある洗顔
・化粧水などの水分
・保湿
・できた時に付ける薬
などで即効性がありますが、同時に
・ストレス回避
・肌のターンオーバー
など体面からのアプローチも必要です。

顎ニキビに良い栄養素はなんといってもビタミンCです。
・炎症を抑える
・ターンオーバーの促進
などが期待できます。

ニキビケア用化粧水や化粧品にはビタミンCが多く配合されています。
有名なプロアクティブ、メルラインなどはオススメですね。

付けるだけではなく、食べ物からも摂ってみましょう。
野菜や果物を多く食べることです。

あまり食べないほうが良いのがお菓子です。
お菓子そのものの油脂もおすすめできないのですが、多く食べ過ぎることで体内のビタミンを壊してしまいます。

愛煙家の方もビタミンを奪われてしまいますから、ご注意を。
しかし、実際にたくさんのビタミンCを摂取するのは難しい場合には、サプリメントなどもオススメです。

顎ニキビは大きくひどくしないことが大切です。
生活に気をつけてもどうしても良くならない時には、皮膚科に行くことをオススメします。

病院で出されるビタミン剤などで、根気よく治しましょう。
ストレスなどを抱えている方は、繰り返す顎ニキビにはくれぐれも注意することです。

Comments are closed.