治らない顎ニキビにいい効果的な方法とは?

春といえば学生ですと入学が卒業シーズンですよね。社会人は異動や転勤など環境の変化がある季節ですね。
そんな時に気がつくとできているのがニキビ。
新しいことを始めるシーズンだけにお肌の状態は清潔に保っておきたいもの。

しかしそんな時に、ニキビがあると気になってしまいますよね。
今回はそんなニキビのなかでも特に目立ってしまう「顎ニキビ」の効果的な治し方をご紹介していきます。
それでは、ニキビの種類や原因から順を追ってみていきましょう。

顎にできるニキビの種類

顎にできるニキビは目立ってしまい早く治したいものですよね。ニキビには発生から悪化するまで段階があります。それぞれによって、名前がつけられていますので、みていきましょう。まずは、発生段階の「角栓発生」です。これは毛穴に角栓が詰まったものでニキビのもとになります。そしてそこに皮脂がたまり始めたものが、「白ニキビ」です。そこから皮脂が酸化することによって、「黒ニキビ」といわれるものになります。ニキビの中でも黒ずんでいるものは、皮脂が酸化しているからなんですね。そして、炎症を起こした状態が「赤ニキビ」といわれるもの。炎症を起こすと患部に、体の防衛機能が働き白血球がおくられます。そして、役割を終えた白血球が膿となり「黄色ニキビ」になります。炎症が悪化すると一番タチの悪い「紫ニキビ」になります。このように、段階によりニキビはさまざまなものがあるんですね。

しこりになってしまう原因は?

これは、刺激を与えすぎたり、ニキビが同じ箇所に繰り返しできてしまうことにあるようです。真皮や皮下組織にまで繰り返しダメージを受けた肌は再生するまでには時間がかかるようです。ニキビによってダメージを受けた肌を再生しようとして、体のシステムは機能するようなのですが、乱れた再生機能がコラーゲンの元になる細胞などを不自然に過剰に生成してしまうようで、それがしこりになってしまいます。一度できたニキビは早いうちに対処するのが賢明といえそうです。注意しなくてはならないのは、顎はしこりになるニキビが出来やすいということです。それでは次では効果的な治し方をみていきましょう。

顎ニキビの効果的な治し方

上で紹介した通り、ニキビには種類があります。程度によっても適切な治療法が変わってくるようですね。自分のニキビに合った治療を心がけるようにしましょう。以下にお薬を使った治療と、使わない治療法をまとめてみました。

市販薬を使った治療

テレビコマーシャルでもおなじみのニキビ治療用の市販薬。市販薬では「スイッチOTC」と言われるものがオススメです。どういったものかというと、スイッチOCTとは「以前は病院で処方してた薬が、市販薬に切り替えられた物」をさします。ニキビ薬もスイッチOCTを指標にすればより効果の高いものを選ぶことができるでしょう。

処方薬での治療

処方薬とは病院で処方してもらえるものです。診断ものと処方してもらえるので薬の知識がなくても安心です。

外用薬に頼らない治療法

「ホルモン治療」や「ピーリング」など薬に頼らない治療法もあります。こちらは美容外科や皮膚科などで受けられるようです。

顎ニキビの治療法や原因についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。こうしてみると、小さいニキビだからといって放っておくのも考えものです。緊急の場合は医療機関の受診も検討されてみるのもいいかもしれません。

Comments are closed.