ニキビや顎ニキビに効く市販の薬と病院で処方される薬とはどう違うのか?

ニキビができる箇所で顎は目立ちます。
だからこそ早く治せるのなら一番ですが、市販の薬と皮膚科で処方される薬はどっちがいいのでしょうかまたどのような違いがあるのか次から見ていきましょう。

顎ニキビに効く市販の薬

ニキビ用の薬はさまざまなメーカーから出ていますがまずは鏡で自分の顎ニキビがどのような状態かをしってください。
ひどくなっていなかったらステロイドが少ないものと自分のニキビの状態にあったものを選ぶことができると効果もきちんとききます。
ただひどくなっている場合は薬の影響やあっていないときがあるのでどんな薬でも用法を守って肌の様子を必ずみてください。

皮膚科でだして出してもらえる薬

皮膚科で出してもらえる薬はニキビの状態によって違いはありますがニキビができるのには肌に細菌がいる状態なので細菌を殺すローションや肌が毎日新しく作られているのですがそれを助けるためのヒルドイドなどがあります。
ニキビの一番の対策としては肌が乾燥した状態にならないようにするとのことがありますので保湿液や保湿クリームをだしてもらうこともあります。

皮膚科と市販薬の選ぶニキビの基準

市販薬はすぐに手に入ることができて忙しい毎日を送っていたりなかなか病院に行くことができない人にとっては大変助かるものです。
しかし顎ニキビや肌の状態が良くならず薬の効果が見えないときはやはり皮膚科も考えたほうがいいです。
ニキビに関しての素人が自分の症状を自己判断をすることはむずかしいこともありますのでやはり専門の皮膚科のほうが早く治すには一番いいです。

市販薬処方薬だけでなく普段生活も重要

どんなにいい市販薬処方薬でも普段の生活が不規則だったり食生活がおろそかになっていますと肌の状態が悪くなり顎ニキビなどの治りも悪くなってしまいます。
ちょっとでも今の生活を一度見なおして少しの改善で薬の効果もアップします。
そして顔の周りや顔に触れるものなどを清潔に保つことも悪化しない方法につながりますので大事です。

Comments are closed.