大人ニキビ、ちゃんとケアしてる?顎ニキビは男女で原因が違う!

89112ab72b23b8792e786668a470ecc2_s

大人になってから、ニキビが顎に頻発していませんか?

顎は、もともと顔の中では外的刺激にさらされることの多い箇所です。紫外線や、直接手で触れることも多く、その刺激によって角質層が硬くなります。スキンケアでも、洗顔や保湿が不充分になりやすいため、ニキビができやすい環境にあります。

さらに、ホルモンバランスの影響を受けやすく、男女関係なく成人後に悩まされる人が多くなります。

しかし、顎ニキビの原因は、男性と女性で違いがあります。

男女別の顎ニキビの原因から、解決方法をご紹介します。

女性の顎ニキビの原因

女性の場合、20代以降、年齢とともにニキビの元となる皮脂量は減っていきます。皮脂量が増えるのは、生理前など、ホルモンバランスの変化が大きく影響します。

ホルモンバランスの乱れ

もともとの周期的変化と、生活習慣によるホルモンバランスの乱れが、顎ニキビを引き起こします。習慣の中の、さまざまな要因が複合的に作用して、顎ニキビにつながります。

ストレス

強いストレスを感じると、男性ホルモンを作り出す、抗ストレスホルモンが分泌されます。男性ホルモンが過剰に分泌され、通常のホルモンバランスが崩れ、皮脂量も増えます。

ストレスは、本来身体に溜まった毒素を分解・代謝する機能も低下させるため、顎ニキビだけでなく、便秘も引き起こします。

睡眠不足

睡眠不足が続くと、脳からノルアドレナリンが分泌され、男性ホルモンを誘発します。

さらにノルアドレナリンは腸を緊張状態にし、便秘を引き起こします。便が腸に長くとどまることで、毒素が発生し、血液に乗って、汗や皮脂に混ざります。毒素が肌へ、皮脂とともに排出され、炎症を起こしてニキビを作り出します。

睡眠による休息が不充分な状態では、もともと胃腸が弱っているため、顎ニキビができやすい状態になります。

偏った食生活

疲れを理由に暴飲暴食をすることは、ストレスに対抗する栄養素が不足し、疲れを感じやすくなります。抗ストレスホルモンの栄養が不足することも、ホルモンバランスの乱れを招きます。

また、食生活の中で野菜が不足すると、身体の毒素がうまく排出されず、溜まってしまいます。栄養不足は、胃腸と肌の悪循環を作り出します。

スキンケア不足

クレンジングや洗顔の洗い残しがあったり、スキンケア化粧品がフェイスラインにまで行き届いていない場合があります。

触れることの多い箇所なので、汚れが付着したままだと、雑菌が繁殖しやすくなります。

男性の顎ニキビの原因

女性に対して、男性の皮脂は20~30代のピーク時から、変化は少ないです。

皮脂量は大きく減少することは無いですが、女性に比べて毛穴が大きいわりに乾燥しにくく、肌質は強い人が多いです。頻繁な肌トラブルは、体調が大きく関係します。

男性の顎ニキビの原因も、ホルモンバランスが関係しますが、男性ならではの外的要因があります。

毎日のシェービングで肌が傷つく!

社会人になってから、顎ニキビに悩まされる男性が多いのは、身だしなみであるシェービングが一つの原因です。毎日刃物で肌に傷をつけていることに加えて、疲れやストレスが重なることが、顎ニキビを作り出します。

シェービングジェルやクリームで対策

朝の忙しい時間に行うシェービングは、水だけで行いがちですが、専用シェービングジェルやクリームで肌の負担を減らしましょう。

使い古した刃のまま、カミソリを使うことも、肌を傷つけます。カミソリの刃は新しいもので、切れ味の良いうちに交感するようにしましょう。

傷ついた肌は保湿が肝心

きちんと肌を保湿することで、肌本来の修復力が働きます。雑菌の繁殖を防ぎ、細かい傷による顎ニキビを防げます。

男性は女性より皮脂量が多い

男性はもともと、分泌される皮脂量が女性の2倍以上ありますが、それが男性の肌のバランスです。男性の肌トラブルの多くは、この肌の健康と皮脂量のバランスが崩れたときとも言えます。

不充分な洗顔

皮脂を作り出すのは男性ホルモンですが、男性ホルモン自体を抑えることはできません。毎日の洗顔で、出てきた皮脂をきちんと洗い落とすことが大切です。

特に気を付けたいのが、強くこするように顔を洗っている人です。ゴシゴシ洗っていると、肌を傷つけ乾燥を招きます。皮脂がもともと多い人の乾燥は、かえって皮脂を過剰に分泌させる原因になります。

生活習慣の乱れ

顔の下半分は、ホルモンの影響を受けやすく、口周りは胃腸の調子でニキビができる箇所です。

胃腸に負担のかかる脂っこい食べ物やジャンクフード、夜更かしなどは、肌のバリア機能やターンオーバーを乱します。肌の機能全体が低下するため、顎ニキビ以外の肌トラブルも誘発してしまいます。

顎ニキビ対策は男女共通

男性の場合、シェービングという外的要因と、もともとの皮脂量が多いことが女性との違いです。

しかし、外的要因や皮脂量を踏まえても男女ともに、顎ニキビに悩まされるのは、生活習慣がもたらす影響が一番大きいです。

ホルモンバランスを整える生活習慣と、肌をしっかりケアすることが顎ニキビ対策となります。

適度な運動で血流改善

適度な運動は、ホルモンバランスの乱れの原因となる、ストレス解消にもつながります。

強いストレスを受けた緊張状態の身体をほぐし、血流を改善します。汗と一緒に、身体の毒素も排出しやすくなります。

30分程度のウォーキングや、深呼吸しながら体を伸ばすストレッチやヨガなどが効果的です。

汗は必ず、拭きとりか洗い流して、肌を清潔に保ちましょう。

充分な睡眠でターンオーバーの改善

新しい肌細胞は、成長ホルモンによって、熟睡しているときに作られます。

成長ホルモンがもっとも活発に分泌されるのは、寝始めの3~4時間です。この間に熟睡するためには、夜は強い光を避けましょう。

スマートフォンやパソコン、テレビは寝る2時間前には電源を切って、脳からリラックス状態に整えましょう。

食物繊維とビタミンのバランスの良い食事

野菜に多く含まれる、食物繊維は、腸に溜まった便を絡めとり、排出させます。

食事は肉や魚、野菜、果物を含め、偏りなく栄養素が摂れることが理想です。さらに、特に意識して摂りたいビタミン類があります。

ビタミンA

ニンジン、ほうれん草、ウナギに含まれます。肌のターンオーバーを助け、ダメージを修復します。

ビタミンB群

脂質代謝作用があり、ニキビ予防には最適のビタミンです。豚肉、ゴマ、にんにくに含まれます。

ビタミンC

抗酸化作用があり、抗ストレスホルモンの産生で消費されます。パプリカやブロッコリー、果物類に多く含まれます。

ビタミンE

ナッツ類に多く含まれますが、油分に注意しましょう。血行促進と活性酸素を除去し、身体の毒素を除去します。

治療とスキンケア

顎ニキビは、身体の中からの影響が大きいため、毛穴の奥で炎症が残る場合があります。そのまま残してしまうと、再発もしやすく、跡になってしまいます。

完治には、皮膚科でニキビ治療をきちんと受けることも必要です。

治療の効果を最大限引き出すためにも、スキンケアを地道に続けましょう。

洗顔は肌をこすらず、よく泡立てて、肌の上で泡を転がすように洗います。洗顔のあとは、たっぷりの化粧水と乳液で肌を保湿、保護しましょう。

顎やフェイスラインまでしっかりとケアして、大人ニキビに負けない肌に育てましょう。

皮脂を取り除くために洗浄力の強い洗顔料を使用したりすることは、逆にニキビを刺激してしまう可能性があります。
ニキビを改善するために、皮脂バランスを整える効果のある、ビタミンCやビタミンC誘導体が配合されている美容液などを取り入れてスキンケアを行いましょう。
ニキビを治したいなら>>皮膚科の前にできる改善方法まとめ

大人の顎ニキビは総合的なケアが必要

ホルモンや胃腸の影響が大きい顎ニキビは、典型的な大人ニキビと言えます。そのため、10代の頃のニキビと同じケアでは、改善はできません。

顎ニキビができてしまったら、まずは食生活など、生活習慣を見直してみましょう。疲れを強く感じている人は、睡眠から見直しましょう。もしかしたら、睡眠時間をとっていたつもりでも、熟睡できていなかったのかもしれません。

顎ニキビの原因は、あなたを取り巻くさまざまな環境にあります。できることから少しずつ取り入れて、生活習慣と顎ニキビを改善しましょう!

背中ニキビのサプリなんていうのもありますよ!

Comments are closed.